新車情報 

5月 31日


・流麗かつスポーティなエクステリア
・乗員4名が長距離ドライブでも快適に過ごせる広い室内空間
・完全自動運転にさらに近づく革新的な安全運転支援システムを標準装備


メルセデス・ベンツ日本㈱は、「Eクラスクーペ」を発売し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて発売開始しました。


メルセデス・ベンツEクラスクーペは、1968年に発表されて以来ほぼ50年の歴史の中で開発されました。初代の250Cおよび280CE(114/115シリーズ)から同モデルのセダンをベースに2ドアモデルとしてAピラーより後ろをクーペ専用デザインとしています。いつの時代も流麗なルーフライン、サッシュレスウィンドウとBピラーレスによる広い車窓を特徴としてきました。
クーペでありながら乗員が快適に過ごせる室内空間とラゲッジスペースを確保し、最新の安全技術を搭載することで利便性と安全性も兼ね備えています。


新型「Eクラスクーペ」は、セダンと同様の安全性と快適性を実現し、特に混雑時や高速道路での渋滞の際に自動運転によりドライバーにかかる負担を大きく軽減する機能をはじめとした安全運転支援システム「インテリジェントドライブ」などの革新技術や、メルセデス・ベンツの最新デザインを取り入れ、流麗かつシンプルで美しい曲線美をボディサイドに取り入れたスタイリッシュなエクステリアと上質なインテリアを備えています。